iDreamインフォメーション

思いつきの記事ばかり。

7/23 auから「マクドナルドのダブルチーズバーガー」のメールが来ない!無料クーポンの確認方法

auがキャンペーンしている、「三太郎の日にマクドナルドのダブルチーズバーガーが無料でもらえる」というもの。

公式HPにはメールが届くという記載がありますが、そのメールが見つからない方が多くいるようです。しかし実はメールは届いて、気づいていないか忘れているだけだと思われます。

 

このメールは以下のような手順でみることができます。

 

SMS(メッセージ)アプリを開きます。

iPhoneの方なら画像のアイコンのアプリです。

f:id:iDream:20170703030644j:plain

 

すると157の宛先から以下のような文言から始まるメールが届いています。

「三太郎の日!7/23に使えるクーポンをお届け!...」

 

このメールに記載されているURLをタップするとキャンペーンページが開きます。13日の15:00からクーポンが表示されます。

電話番号を入力する必要があります。

 

 

7/13 auから「マクドナルドのダブルチーズバーガー」のメールが来ない!無料クーポンの確認方法

auがキャンペーンしている、「三太郎の日にマクドナルドのダブルチーズバーガーが無料でもらえる」というもの。

公式HPにはメールが届くという記載がありますが、そのメールが見つからない方が多くいるようです。しかし実はメールは届いて、気づいていないか忘れているだけだと思われます。

 

このメールは以下のような手順でみることができます。

 

SMS(メッセージ)アプリを開きます。

iPhoneの方なら画像のアイコンのアプリです。

f:id:iDream:20170703030644j:plain

 

すると157の宛先から以下のような文言から始まるメールが届いています。

「三太郎の日!7/13に使えるクーポンをお届け!...」

 

このメールに記載されているURLをタップするとキャンペーンページが開きます。13日の15:00からクーポンが表示されます。

電話番号を入力する必要があります。

 

※筆者は5日現在、13日のクーポンのメールはまだ来ていません。

(※2017/07/09 追記)

7/8にメールが届きました。

 

 

7/3 auから「無料のダブルチーズバーガー」のメールが来ない!という方へ

auがキャンペーンしている、「三太郎の日にマクドナルドのダブルチーズバーガーが無料でもらえる」というもの。

公式HPにはメールが届くという記載がありますが、そのメールが見つからない方が多くいるようです。しかし実はメールは届いて、気づいていないか忘れているだけだと思われます。

 

このメールは以下のような手順でみることができます。

 

iPhoneの方ならSMS(メッセージ)アプリを開きます。

f:id:iDream:20170703030644j:plain

 

すると157の宛先から以下のような文言から始まるメールが届いています。

「三太郎の日!7/3に使えるクーポンをお届け!...」

 

このメールに記載されているURLをタップする以下のようなページが表示され、15:00からクーポンが表示されます。

 

f:id:iDream:20170703030456p:image

東京ドーム 指定席Dご招待引換券は本当に座れるの?場所取りは何時から? 2017年最新版

読売新聞やチケットショップなどで入手できる指定席D(内野2階席)ご招待引換券。この招待券は指定席D席のチケットと引き換えることができます。万が一、満席になった場合は立ち見席のチケットとして入場できます。

 

そこで気になるのが何時までに並べば「指定席D席」引き換えできるかですね。

今回はこの招待券の引き換え方法について書きたいと思います。

 

何時までに並べばいい?

まず巨人戦の指定席D(内野2階席)ご招待引換券の引換えの場所は、東京ドーム総合案内所隣のチケット前売所です。

広場にある小さな建物がそうです。初めて行く方でもわかりやすいと思います。

 

窓口で引き換えることになるのですが、細かい座席の指定はできません。一塁側か三塁側どちらかの希望を伝えチケットを受け取ります。

 

ちなみに観戦日によって指定席Bや指定席Cなど売れ残りがあればこれらのチケットと引き換えることができます。

 

<引き換え時間>

引き換えは試合開始時間の4時間前からです。

  • ナイターゲーム(18時開始):当日14時〜
  • デイゲーム(14時開始):当日10時〜

夏休みなど時期やペナント状況によって人出も変わるため何時までに並べば引き換え可能かは一概に言えません。

引き換え開始時刻にはすでに多くの人が並んでいます。ですが、ほとんどの試合は引き換え開始時刻から並んでも指定席D席と引き換え可能でしょう。

より多くの人が並ぶ阪神戦ナイターで14:00に並んだ時も引き換えできたので...

ただ開場(16:00)前には引き換えが終了していました。座席が後方だったのでギリギリだったのかも?

あくまで経験談なので保証はできません!笑

 

確実に指定席D席(特に一塁側)を確保するためには早めに行って並ぶか場所取りをするのがいいでしょう。 

 
場所取りについて

2017年7月現在、当日の午前4時半から場所取りができます。

地面に日付と名前を書いた新聞紙やレジャーシートなどを貼り場所取りをします。

場所取りをしたあとは自由時間ですが、引き換え時間の15分前までに戻ってくる必要がありますので時間には注意してください。

 

前売りが売り切れてたけど大丈夫?

大丈夫です!!安心してください。

招待券用に座席が一定数確保してありますので、前売りが完売だったとしても引き換えはできます。

 

 

 

ビットコインやリップルなどの仮想通貨 オススメの取引所は?

ご覧いただきありがとうございます。

 

今回は筆者オススメの取引所を紹介します。

それは「coincheck(コインチェック)」です。

 

coincheck(コインチェック)

 

この取引所のメリットは

  • 色々な仮想通貨が取引できる
  • アプリが使える
  • アプリが見やすい
  • 操作が直感的でシンプル

これらが挙げられます。

iPhoneなどスマートフォンで取引できるのはかなり便利ですし、何より見やすくて操作が分かりやすい点が素晴らしいと思います。

また、ビットコイン以外にもリップルやイーサリアムなどの仮想通貨を取引することが可能です。

 

f:id:iDream:20170526105424j:plain

(coincheckのチャート スクリーンショット)

 

新規口座開設で最大5000円のキャッシュバックを受け取れ、しかも今は取引手数料が無料!!登録までも時間がかからないので是非使って見てください。

 

↓口座開設はこちら↓

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

 

仮想通貨リップル(ripple)とは?買い方やオススメの取引所は? ザックリ説明します

f:id:iDream:20170526060429p:plain

近年注目されている仮想通貨、その数は実に数十種類もあります。リップル(ripple)とは、その中の1つでGoogleが出資しています。
仮想通貨で代表的なものといえばビットコインですね。このリップル(ripple)はビットコインの欠点を補完した通貨であるとも言われています。
 
 
リップル(ripple)とビットコインの違いは何か?】
 
まず最初に、リップル(ripple)とビットコインは全くの別物です。
 
手元にない、目で形を見ることができないお金という点で、この二つは同じです。なぜなら同じ仮想通貨だから。
 
では何が違うかというと、ビットコイン単体の通貨として取引できるのに対し、リップル(ripple)は単体で取引することができませんリップル(ripple)役割は各通貨の取引の仲介役を果たすということです。
これがいちばんの違いでしょう。
 
ビットコインで支払い」は出来ますが「ripple(リップル)で支払い」はできません。
 
【各通貨の仲介役とは?】
 
通常、海外送金する際、銀行を通して送金します。
例えばアメリカから日本に送金するとき
 ドル→銀行→円
というように銀行を経由し、もちろんコスト(手数料・時間)が発生します。
 
銀行の代わりにリップルを経由すると
 ドル→リップル→円
という感じになります。
一見違いはなさそうに見えますが、リップルネットワークのシステムを用いることでコストを抑えることができ、送金手数料は安く、決済はスピーディーになるのです。
 
銀行経由で送金の場合数日かかるものが、リップル経由だと数秒で完了します。
ちなみにビットコインは約10分ほどかかります。
 
下の画像はリップルの仕組みを示した図です。真ん中にリップルを表す「XRP」があり、その周りに円(JPY)やドル(USD)などの通貨があります。
 

f:id:iDream:20170526061159p:plain

リップル(ripple)はこのように各通貨取引の仲介役を果たしているのです。しかもコストを抑えて。
これが今、リップル(ripple)が注目される理由です。
 
最近では三菱東京UFJ銀行が2018年から独自の仮想通貨を用いた送金サービスを始めると発表しました。このサービスにビットコインのようなブロックチェーン技術ではなく、リップルネットワーク技術が使われています。
 
これを受けてリップルは急騰しています。
 
リップル円(XRP/JPY)レートは17年3月では1円を切っていましたが、上記の理由で急騰!
そして17年4月23日に3.42円だったものが、17年5月8日には25.00円にもなっています。
なんと10日で約8倍!さらに上昇は続き、高値は50円近くまで!
 
今や2万円近くするビットコインが1円だったことを考えると夢が広がりますね笑
 
 
世界の大手銀行がこの技術を採用していることGoogleが出資していること
仮想通貨に投資したいと思っているなら、今はリップル(ripple)が激アツです!
 
 
しかしリップル(ripple)を取引できる取引所でどうしても少ないです。その中で筆者が使っている取引所でオススメしたいのが「coincheck」です。
 
「coincheck」の利点は何と言っても見やすく簡単!
スマホアプリもシンプルで見やすく便利という申し分のないものです。
 ビットコインはもちろん、他の仮想通貨も取引ができます。
 
そしてそして、 
今なら取引手数料が無料、新規口座開設で最大5000円のキャッシュバックキャンペーン中です!間も無く期間がきてしまうのでお早めに!
 
 
 ↓口座開設したい方はこちらから! 

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

仮想通貨リップル(ripple)とは?購入方法 ・取引方法は? ザックリ説明します

f:id:iDream:20170526060429p:plain

 
 
今最も注目されている仮想通貨のビットコイン。最近それに負けず劣らず注目を集める仮想通貨があります。リップル(ripple)です。
リップルが最近なぜ注目されるようになったかというと...今現在急騰しているから!
 
約1ヶ月前のリップル円(XRP/JPY)レートは1円を切っていました。
しかし、現在(17年5月5日)のレートは10.35円!なんとこの短期間で10倍以上急騰しています。さらに上昇は続き、高値は50円近くまで!
 
この急騰劇は何故起きたのか?
背景に三菱東京UFJ銀行が独自の仮想通貨を使った送金サービスを発表したことにあります。この送金サービスにはビットコインのようなブロックチェーン技術ではなく、リップルの技術が使われるため急騰したと思われます。
 
まずリップル(ripple)とは?ビットコインとの違いは何かについて、以前簡潔に説明した記事がありますのでこちらをご覧ください。(↓URLから)
 
 
 
ではこのリップル(ripple)の取引方法・購入方法について紹介します。
普通のFX会社では購入できませんので、筆者が使っているオススメの取引所を紹介します。「coincheck」です。
 

f:id:iDream:20170526105424j:plain

(coincheckのチャート スクリーンショット)

 
「coincheck」は色々な仮想通貨を取引、購入することができることが魅力の取引所です。新規口座開設で最大5000円のキャッシュバックを受け取れ、しかも今は取引手数料が無料!!
筆者がこの取引所を選んだ理由として上記はもちろん、ページがシンプルで見やすい!
チャートも見やすく、何よりiPhoneアプリもかなり便利で使いやすい!という点が理由として挙げられます。
手軽に、簡単に仮想通貨を買えます。
 
ぜひ仮想通貨・リップル(ripple)にを取引してみたいと思った方はこちらの取引所を使ってみてください。(リンクを貼っておきます。)
 
↓口座開設はこちら↓
日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin